真理

とりなしの祈り

29日: 霊の訓練によって、何が神からのものであるかを知るように祈る

わたしたちが聖書を読む時はいつも、聖書は生きていて、活力を与える、鋭いものでなければならず、わたしたちの魂と霊を分けることができ、思考と意図を識別し、何が自己からのものであり、自己のためであるか、何が神からのものであり、神のためであるかを、...
とりなしの祈り

28日: 神の言葉の養いによって、魂と霊を切り離すことができるように祈る

良き地としてのキリストを享受する手段は、生きていて効力がある神の言葉です。すなわち、「どんなもろ刃の剣よりも鋭く、魂と霊、関節と骨髄を切り離すまでに刺し通して、心の思考と意図を識別することができ」ます。ヘブル人への手紙の筆者はヘブル人信者た...
とりなしの祈り

27日: 安息日の実際に入るように祈る

出エジプト記第31章12節から17節が啓示しているのは、安息日が幕屋の建造の命令の後にあるということです。七日目に、神は「安息し憩われ」ました。人は神の憩うものでした。なぜなら、人は神ご自身のかたちに創造され、霊のある者とされたからです。そ...
とりなしの祈り

26日: 主のみこころの中でへりくだり、柔和、温和であるように祈る

主はそのような生活をして、御父のみこころ以外の何も顧慮しませんでした。彼はご自身を、完全に御父のみこころに服従させました。ですから、主はご自身から学ぶようにとわたしたちに求めます。柔和、あるいは温和であるとは、反対に抵抗しないことを意味し、...
とりなしの祈り

24日: 主のくびきを負い、主から学び経験するように祈る

わたしたちは、マタイ第11章28節から30節における主の言葉に注意を払う必要があります。「あなたは労苦していると感じますか? 重荷を負っていると感じますか? この約束を宣言してください。あなたご自身を安息として与えてください。あなたのくびき...
とりなしの祈り

23日: 自分の働きを止めて、彼を享受し、彼の安息を得て、彼によって満たされるよう祈る

安息日が表徴しているのは、神がすべてを行ない、すべてを完成し、すべてを備えたということと、人が自分のすべての働きを止めなければならないということです。安息日を守ることは、わたしたちの働きを止めて、神と神がわたしたちのために達成したすべてを、...
とりなしの祈り

22日: 神をもって満足し、神と共に安息するように祈る

ヘブル人への手紙の中にある安息日の安息の正しい理解を持つには、聖書の中で最初に述べられている安息日の安息の意義を知る必要があります。神は第七日に安息しました。なぜなら、彼は彼の働きを終え、満足したからです。神の栄光が現されたのは、人が神のか...
とりなしの祈り

21日: キリストで満たされ浸透されて、注ぎのささげ物となるように祈る

注ぎのささげ物は、天的なぶどう酒としてのキリストの予表であり、彼はささげる人によって享受され、その人を満たして、神へのぶどう酒とならせます。わたしたちは、キリストをささげ物として経験することによって、キリストで満たされ浸透された人となります...
とりなしの祈り

20日: 新しいぶどう酒としてのキリストで満たされるように祈る

わたしたちは、キリストをぶどう酒を生み出すぶどうの木として経験することによって、また新しいぶどう酒としてのキリストで満たされることによって、彼の中でまた彼と共に注ぎのささげ物となることができます。注ぎのささげ物が予表しているのは、キリストご...
とりなしの祈り

19日: 犠牲の生活によって他の人に幸いを与えるように祈る

ぶどうの木は、犠牲となるキリスト、すなわち、ご自身のすべてを犠牲にしたキリストを予表しています。キリストは彼の犠牲から新しいぶどう酒を生み出し、神と人を活気づけました。「犠牲となるキリストがここにあります。あらゆる身分を捨てて、虚しくなりま...
タイトルとURLをコピーしました